採用情報

社員メッセージ

  • 世界各国から到着した貨物に、高い品質と安心を添えて届けたい。

    世界各国から到着した貨物に、高い品質と安心を添えて届けたい。

    私は貨物事業部 貨物1課所属の齊藤 俊と申します。現在は国内上屋担当として国内貨物の組み付け及びフライト作業を行っています。貨物事業部は世界各国の荷主様より預かった大切な貨物を、日本各地に流通していく品物や日本を経由して他国に運ばれていく品物など様々な貨物を取り扱っています。
    世界各国より到着する貨物は、生鮮品や衣類、精密機械や医療品、ときには動物等が到着します。その声の無い大切なお客様である貨物を取り扱う作業では、上司や先輩方から教わった確認行為と周囲の作業者との連携を大切にして行動しています。
    日本の航空物流の玄関を支える一員としての誇りを胸に、お客様へ安全と品質を届ける為に主体的に行動していきます。

  • お客様に安心と信頼を届けたい。

    お客様に安心と信頼を届けたい。

    私は貨物事業部 貨物2課 エアライン担当として作業に従事しております大坂智子と申します。主に輸入貨物の書類確認やお客様と電話での対応、また貨物情報の入力を行っております。
    先輩方のサポートの中、業務の達成感や様々な事を知り得る楽しさが沢山あり、忙しいながらもやり甲斐を感じております。まだまだ学び得る事は沢山ありますが、先輩方の仕事量までに近づくよう邁進していきたいと思います。

    正確な情報入手と伝達により、代理店様の業務がスムーズに運ぶよう、またお客様に信頼頂けるよう、これからも輸入業務に携わるなかで沢山の知識を身に付けていきたいと思います。

  • お客様のために、安全で快適な空間を届けたい。

    お客様のために、安全で快適な空間を届けたい。

    私は客室事業部 客室課 検収担当として作業に従事しております常世田 智と申します。
    作業内容としては、主に全日空機に於いて、機内清掃作業終了後の最終点検業務を行っております。お客様が満足出来る空間を提供する為に日々、お客様目線での点検を心掛け作業しております。

    これからも常にお客様を意識した作業・点検をする事で、安全で快適な空間を提供して行こうと思っています。

  • 旅立つお客様へ、笑顔を届けたい。

    旅立つお客様へ、笑顔を届けたい。

    成田搭載課の濵元美也子と申します。学生の頃より飛行機が大好きで、より飛行機の近くで働いていたいと思い入社しました。最初は実際に近くで見る飛行機のスケールの大きさに衝撃を受けたことをはっきりと覚えています。機内食搭載業務はお客様と直接関わることはありませんが、私たちの用意した機内食が、綺麗に盛りつけられた状態で、お客様の元へ届き、その先のお客様の楽しそうな顔を感じとる事ができます。

    私は沖縄県出身であり、帰省の際には飛行機を利用します。
    搭乗口から外を眺めると、同僚が大型トラックより機内食を積み込んでいる姿がやはり気になってしまいます。大型ドライバーは、長距離走ってたくさんの荷物を積み卸しするパワフルなイメージがあると思いますが、私たちは違います。使用する車両は確かに大きいのですが、それ以上に細やかな心がけが必要で、機内食の盛り付けが崩れないよう、いつも安全運転を心がけなければなりません。
    入社したての時を振り返ると、女性は誰も居ない職場でしたので、心細かった事を思い出します。最近ではANAの増便と共に運転だけではなく新しい仕事も増え、女性社員も増えました、私も仕事を覚えて行く毎に、自信を持つことができるようになりました。 今日も大好きな飛行機へ、笑顔と共に機内食をお届けいたします!

  • 次世代社員に技術と安全を届けたい。

    次世代社員に技術と安全を届けたい。

    成田搭載課の村田誠二と申します。入社14年目となりました。入社当時、私は貨物課に配属され航空貨物取り扱い業務を行っていました。入社2年目に、上司より大型免許の取得を勧められ、現在の成田搭載課に配属となりました。
    配属当初は大型車両の運転に不安もありましたが、先輩社員の親切なアドバイスを受け、業務にあたることができました。

    10年以上が経過した今では、自分が教育する立場としてドライバー業務ではなく航空機への搭降載業務の指導を担当しております。

    搭降載業務は、機内食や機用品を多種多様な航空機の定められたポジションへ正確にセットしなければなりません。航空機は一度離陸してしまうと閉鎖空間となるため、お客様が目的地まで快適に過ごせるようセットミスの無い様に心掛けております。

    搭載業務はANAのネットワークと共に拡大中です。

    これまでの先輩方の教えを基に、次世代社員へ技術と安全を届けたいと思います。